車買取 査定|あなたの車を高価買取してもらうために!
車買取 査定|あなたの車を高価買取してもらうために!
車の買取に関する情報と車買取査定のポイントを紹介しています。
車の買取に必要な基礎知識と、なるべく高額査定に結びつける
ためのちょっとした気遣いや、車の買取売却に必要な書類、
ローン残債がある場合の対処法をお伝えしています。


車買取 査定|LEXUS SC430 LX-MODEデモカー


示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する
■■ 交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル> ■■
これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!

5000.gif


あなたの愛車の価格は、ご存知ですか?
無料買取査定 無料買取査定 無料買取査定
全国600社の買取店ネットワークが回答します!!


■車買取 査定|あなたの車を高価買取してもらうために!

■車買取 査定|あなたの車を高価買取してもらうために!

車の買取査定のサイトにようこそ!

車の買取査定は基本的に減点法で査定されます。その他のオプションはプラス査定になる場合やマイナス査定になる場合があります。
車の買取りには、各業者、ショップ、ディーラーの持っている独自の基本の査定金額があります。これは、車のメーカー、車種、年式、色で基本査定が決まっています。
その買取基本査定金額をベースにして、外装の傷があればマイナスポイントとなり、人気のオプションが付いていればプラスポイントが付きます。

この「車買取 査定|あなたの車を高価買取してもらうために!」では、車の買取に必要な基礎知識と、なるべく高額査定に結びつけるためのちょっとした気遣いや、車の買取売却に必要な書類、ローン残債がある場合の対処法をお伝えしています。

■車高価買取査定|あなたの車を高く売るためのちょっとした気遣い

■車高価買取査定|あなたの車を高く売るためのちょっとした気遣い

車買取の要|記録簿と保証書の保管

車買取となると車本体に気を配られますが、目に触れない部分で車買取の査定での高額買取につながるのが「定期点検整備記録簿」と「取扱説明書」です。

・定期点検整備記録簿

定期点検記録簿はその車の通信簿ともいえますね、あるいは、診断カルテともいえると思います。ようするに、その車の過去の整備状況を把握するものです。
きちんと記入された定期点検記録簿は、その車の管理状態が把握できるため、車買い取りの高額査定につながります。また、ユーザーの名前やナンバー、車体番号、点検整備をした日時と検査をした責任者の名前、検査時の総走行距離数が記録されています。まさに、その車の履歴書になります。通常は、保証書と一緒にファイルされています。

・取扱説明書

車買取の査定の中に車内装備をチャックする項目がありますが、その中で「取扱説明書」はプラス査定のポイントが高いです。使い方がわかってきたからと言って取扱説明書を捨ててしまうことは、将来の価値を捨ててしまうことになります。
やはり、将来の次期オーナーのことを考えながら、車内装備に気を遣うオーナーの姿勢は、現車を査定する査定士にも伝わります。純正品はもちろん、社外品のパーツにおいても取扱説明書は車に保管しておきましょう。


車の買取査定は、思ったときに即行動!

車の買取相場は常に変動しています。
これは、中古市場での売れ行きから大きな相場の変化が出てきます。
中には1ヵ月で20万円も下がってしまう車もあるくらいです。

プレミアの付いた車でない限り、
車を手放そうと考えたら、すぐに行動することをお勧めします。
乗らないままにしていると、型落ち、劣化等で車の状態がどんどん悪くなります。

もし、あなたが車の高価買取を希望しているのなら、手放そうと考えたその日が一番高い車買取相場になると考えられます。

日々、相場が変わる中古車。買い替えを決めたら、1日でも早く査定をして売却するほうがお得です。

査定の前に車の洗車をしておきましょう!

車の買い取り査定をするにあたって洗車はしなくていいですよ、とうい車買取会社もあります。
その理由は、「無理に洗車をしたり、ワックスで磨いたりすると、表面に付着した砂ボコリ等で外装を傷つけてしまうこともあります。」ということです。

確かに言える事ですね。

洗車をしたからといって、買取価格や査定額が跳ね上がることはありません。
車の査定士に対して、パッと見の第一印象を良くするぐらいです。

なので、この洗車に関しては、あなたの気持ちの問題です!

常日頃から洗車を含めた車のメンテナンスに気を使っている人とそうでない人では、今の車の状態を見ればわかります。
車の査定士にとっては、ただそれだけです。


車のボディーに付いた「浅いキズ」は消しておきましょう!

板金修理が必要な大きなキズやヘコミは、修理後のプラス査定額より修理代の方が高くつくのがほとんどですのでお勧めはしません。しかし、コンパウンドで磨けば消える程度の「小さな」キズ、「浅い」キズは消しておいて決して損はありません!
コンパウンドは細かい微粒の研磨剤が入っていますので、押し傷や爪でなぞってもそれほど抵抗がない浅い傷であれば、ほとんどの場合消えてしまいます。ただし、表面を傷の深さまで削っているので深追いは禁物です。


車ボディーの大きな傷や凹み(へこみ)は直さない方がベスト!

もちろん、自分で修理や修正するとことはお勧めしません、かえって、マイナス査定になる事がほとんどです。

車買取会社は、自社で車の整備をする部門があったり、あるいは、車修理専門の取引会社と契約していたりしますので、素人が手間と時間と余分なお金のかけるところではありません。

確かに、車の査定士から見れば減点の対象になりますが、直前に素人が手を入れたものより、トータルの車査定額はプラスになっていることがほとんどです。


車ののエンジンがかからない!

車をしばらく乗らずにいると、エンジンがかからなくなることが良くあります。
ほとんどの場合バッテリーが上ってしまってかからなくなりますが、それは乗らない期間が短い場合です。

乗らなくなった車を買取してもらおうと思ってエンジンがかからないときは、
バッテリーが上ったのは当然ですが、エンジン内部の経年変化(錆びなど)も考えられますので、バッテリーを交換して無理に始動させないほうが得策です。

このような車の場合、エンジンがかからなかったらそのままにしましょう。無理に始動させてエンジン内から異音が発生したら、マイナス査定は免れません。


車の事故暦などは正直に報告

車の買取査定に響くから事故暦を言わないでおこう!と考える人は、ほとんどが素人サイダーです。

車買取の査定士の研修では、事故暦のある車を見抜くための研修にかなり時間をかけています。
そんなプロを相手に、事故歴を隠そう、言わないで置こうとしても簡単に見抜かれてしまいます。
逆に、車の事故暦を申告しないでいると、他の面での査定が厳しくなる傾向にあります。
当然、査定士は、事故暦の申告をしてもらうため、いろんな角度から質問しますので、隠そうとせず、正直に報告をしましょう。


車は日頃のメンテナンスが大切!

「洗車」の項でもお話しましたが、車は日頃のメンテナンスがとても大切です。
車に乗る機会がなくなってきたら、たまにエンジンをかけるだけでもエンジンの状態を良く保てます。もちろん、バッテリーが上がる心配もありません。

また、野ざらしにするのではなく、直射日光や雨は避けましょう。車シートをかけたり車庫に入れるなどして、大切に保管しましょう。

消耗品の交換や定期点検も含め、これらのちょっとしたメンテナンスは、車に乗っているときから気を使いたいですね。
この積み重ねが、結果的に車買取価格に大きく影響してきます。


目安ですが走行距離は1年に10,000kmをベースにするといいですね。

1年に10,000kmですから、1日に330km以上に走ることになります。これは、東名高速で東京から静岡県の浜松くらいの距離になります。
なので、一般の家庭で普通に走っていて1年に10,000kmになることはほとんどありませんね。ただ、自営業をしていて、自宅と仕事の兼用車になると、その可能性は高くなってきます。
ちなみに、車の買取のために売却するときは、50,000km以内ば良いとされています。それ以上、走行距離が伸びているとマイナス査定になってきます。


■車買取テク|プラス査定の隠し技

■車買取テク|プラス査定の隠し技

今や車の買取は、一つのビジネスになっています。
ということは、もしあなたが車の買い替えをしようと思っていたら、車を購入するショップと車を買い取ってもらうショップは別々に考えたほうが有利とも考えられます。
いずれにしても、車の買取は、買取だけで一つの交渉が出来ますので、どんどんと利用すべきです。



1、車買取プラス査定|小さな傷や浅い傷の処理

ハンドルがある方とは反対の車体側面は、死角になるので傷つきやすいです。特に、フロントの角は気づかないうちに傷つけていることが良くあります。もしそれが、小さな押し傷や浅い傷であれば、微粒の研磨剤が入ったコンパウンドなどで軽く磨くだけで綺麗に取れてしまいます。ただし、深追いは禁物です。


2、車買取プラス査定|エアロパーツはプラスになるの?

エアロパーツはプラス査定になる場合とマイナス査定になる場合があります。
その差はどこで生まれてしまうのでしょうか?
これは、そのエアロパーツを取り付けるとき、純正品の取り付け穴を使って取り付けが出来ればプラス査定に、新しい穴を車体やフレームにあけて取り付けているとマイナス査定になる傾向が多いです。


3、車買取プラス査定|サンルーフは評価してくれるのでしょうか?

サンルーフ車の場合、新車で購入した時のサンルーフ分の価格が車買取査定でしっかりと評価されています。場合によっては、その価格分に近い査定金額が付く場合もあるようです。
ですから、査定金額が提示されたら、サンルーフ分がいくらで評価されているのか交渉してみてもいいかもしれませんね。


4、車買取プラス査定|タイヤの減り具合はどうなのでしょうか。

普通に乗っているのであれば、車の年式に相応したタイヤの減り方になるので問題はないと言えます。
ただ、急ハンドルや急ブレーキ、乱暴な運転をしていると、それ相応の負担がタイヤにもかかってきますので、車の年式に比べてあまりにもタイヤの溝が浅いとマイナス査定になる可能性も出てきます。
それから、スタッドレスタイヤの場合は減点の対象になりますから注意して下さい。必ず、ノーマルタイヤに戻しておきましょう。


5、車買取プラス査定|以外に見落とすカギ穴付近の傷!

最近の車はキーレスでドアのカギを掛けたり外したり出来ます。ただ、電池が無くなったり、合鍵で運転するときは、必ずかぎ穴にカギを差し込みます。
そんなときに、カギ穴付近を傷つけていることが結構ありますので、ワックスやコンパウンドで磨いておくだけで、見栄えはまったく違います。
ちょっとした気遣いですが、少なくともマイナス査定にはなりません。


6、車買取プラス査定|クルマの内装にも気を配ろう!

クルマの外装はいろいろ傷が付きやすいので結構気を遣っている方が多いと思います。ところが、内装となると気が緩んでしまう傾向にあるようです。
でも、クルマ買取の査定をする際には、しっかりとチャックが入りますので、外装と同じように、日ごろから気を遣うようにしましょう。
シートの汚れやタバコの焦げ後は、マイナス査定の対象になりますので気をつけて下さい。


7、車買取プラス査定|オーディオやナビのオプションは?

純正以外のオーディオの評価はいろいろに分かれるようで、査定評価にもかなりバラつきがあるようです。
そんな中、、「ナビ付き」であれば、純正品でも社外品でもプラス査定になっているようです。
ただ、最近の車は、ナビも標準装備になってきていますので、これから先は、オーディオと同じように、付いていて当たり前の査定になってくると予想されます。


■車買取に付いてくるローン残債がある場合の処理方法

■車買取に付いてくるローン残債がある場合の処理方法

車のローンにまつわる手続きは、基本的に車の買取り会社、ショップ、業者が代行してくれますので、車の買取査定をする場合、合わせて相談しましょう。
クルマの査定額がローン残債を上回ればローンは完済できます。理想は、クルマの買取相場が下がる前に査定してみることです。



あなたの車の名義は誰になっていますか?

車をローンで購入した場合は、車の所有者の名義がディーラーか信販会社になっていることが多いです。これを「所有権留保」といいます。この所有権留保は、車のローン完済後に所有権解除の手続きをし、あなた名義に戻さなくてはなりません。なぜなら、車の買取で売却する場合、名義がディーラーや信販会社のままでは売却できないからです。車をローンで購入した方は、車検証の所有者名義を確認しておきましょう。


車の名義がディーラーまたは信販会社になっている場合

車の名義があなたの名義になっていない場合、所有権留保となっていますので、所有権解除の手続きが必要になってきます。この所有権解除をする場合は完済が条件になりますので、車のローンが残っている場合は清算、もしくはローンの組み替えが必要です。この手続きを終えないと、車の買取査定でクルマを売却することは出来ません。もちろん、クルマの買取ショップ、ディーラー、業者で代行サービスがありますので相談してみましょう。


車の所有権の解除とは?

車のローン残債を完済して、今までディーラーとか信販会社になっていた名義をあなたの名義に変えてから売却する場合に、この名義をあなたに変更することを所有権解除といいます。
・印鑑登録証明書(発行3ヶ月以内)
・車検証
・実印
・委任状(販売店より受取る)
・自動車納税証明書
車を購入したショップで所有権解除の手続きを依頼する場合は、上記の書類を揃えて持って行くと、所有権解除の代行をしてもらえます。この書類の他に、印紙代、代行料、完済証明書などが必要になる場合もありますので、ショップに相談しておきましょう


車の買取査定額と車のローン残債の差額は?

車の買取査定額がローン残債を上回る場合はどうなる?
車の買取査定額がローンの残債を上回る場合は、当然、その差額があなたに支払われます。査定額の一部を使ってローンを完済させることで、所有権解除の手続きが出来ることになります。この所有権解除の手続きが完了して、車の売却が出来ますので、車の買い取り業者、ショップ、ディーラーに相談してみましょう。

車の買取査定額がローン残債を下回る場合はどうなる?
車の買取査定額がローンの残債を下回る場合は、査定額はすべてローンの支払いに充当し、足りない残額のローンは組み替えることで、車のローンを完済し、所有権解除を可能にすることができます。この所有権解除の手続きが完了して、車の売却が出来ますので、車の買い取り業者、ショップ、ディーラーに相談してみましょう。


■車の買取売却で必要な書類は何?

■車の買取売却で必要な書類は何?

車の買取で必要な書類を事前に準備しておくことで、高額査定につながることもありえます。
あなたの気持ちの上で売却を決めているならは、売却に必要な書類を事前に用意しておくと有利に働きます。車の相場は日々変動しています。車をオークションに出品させようと考えている車の買取り業者、ショップ、ディーラーにとっては一日でも早くオークションに出したいものです。その時、売却に必要な書類が事前に用意されて即売却できるとなれば、プラス査定も十分考えられますね。
ちなみに、車の査定だけなら「車検証」と「自賠責保険証明書」があればOKです。



車の売却に必要な書類リスト

実印:印鑑登録証明書と同一の実印です。

運転免許証:公的証明書が必要になります。パスポートなども可です。

自動車検証:車検証のことです。車内のダッシュボードの中にありますね。

自賠責保険証明書:加入が義務付けられている保険の領収書と証明書です。自動車検査証同様、ダッシュボードに入っています。

自動車納税証明書:毎年5月に支払う自動車税の支払い証明書のことで、領収印のあるものです。紛失してしまった場合は、専用の書類に記入が必要になりますので、車の買取り業者に確認しておきましょう。

委任状:車の買取り業者に名義変更を委任するためのもので、委任状は買取り業者が準備しています。また、委任状には実印は必要になります。

譲渡証明書:委任状と同様です。名義変更に必要な書類なので、買取り業者が書類を用意してきます。同様に、実印が必要になります。

印鑑登録証明書:各市区町村役場、もしくは出張所で用意できます。車を買い替える場合は、まとめて用意しておくと便利です。ただし、車の買取売却の場合は、発行から1ヶ月以内である必要があるので検討が必要です。


車の売却に必要になることがある書類リスト

住人表:車検証の住所から住所変更を1回している場合に必要です。

戸籍の附表もしくは住民票:車検証の住所から住所変更を2回以上している場合に必要です。

戸籍謄本:車検証の名前が、結婚等により変更している場合に必要です。

その他に、名義人が異なる場合や法人名義の場合は、車両の種類により必要になってくる書類が異なる場合がありますので、車の買取り業者、ショップ、ディーラーによく確認しておきましょう。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。